相続人の中に行方不明の人がいたらどうする?

遺産分割協議を行うためには「相続人の全員の参加と全員の同意」が必要ですが、 相続人の中に行方不明の人がいる場合には、どうすればよいのでしょうか。

相続人の1人が行方不明の場合には、その者を除いて遺産分割協議をしても
その協議は無効となります。
“相続人の中に行方不明の人がいたらどうする?”の詳細は »

相続はいつから開始するのか

亡くなった方の財産を一定範囲の人が受け継ぐこと、これが相続です。 相続にはルールがあり、亡くなった方を被相続人と呼び、財産を受け継ぐ一定範囲の人を相続人と呼びます。 これらは民法に定めがあり、誰もがルールに従って相続します。

相続の始まる時期はいつでしょうか。相続について規定した民法の相続編では、
「相続は、死亡によって開始する」と定められています。
“相続はいつから開始するのか”の詳細は »

遺産分割をするには3通りの方法があります

任意の話合いでまとまった場合には、後々どのような内容かわからなくなったり、気が変わる人も出てくる可能性がありますから、遺産分割協議書を作成し、各自署名捺印をしておきましょう。

遺産分割には、3通りの方法があります。
任意の話合い、遺産分割調停、遺産分割審判です。
“遺産分割をするには3通りの方法があります”の詳細は »

学校との関わり合い方には色々とあります

図書室は、子どもが安心して学校生活を送るためにもあるのですよ!

どの学校にも最近ではあるのですが、学校ボランティアというPTA活動とは別の
ゆるい学校との関わりがあるのをご存知でしょうか?

“学校との関わり合い方には色々とあります”の詳細は »

貯めていたへそくりは誰のもの

ご主人の預金から奥さん名義で預金をしても相続上はご主人のものと見なされます

夫婦だから、夫が稼いだお金は夫婦の物・・・そう考える女性は多いと思います。
しかし残念ながら相続ではその考えが通用しないのです。


“貯めていたへそくりは誰のもの”の詳細は »

ご家族を亡くした後にやらなければならないことがあります

預金の凍結解除や高額療養費請求にはいくつか準備をしていかないといけません

ご家族が亡くなって御葬儀も終わり色々忙しくしているとすっかり時間が経っていることに驚かれている方もいると思います。

まだまだ時間があると思っているところに相続税の申告期限があるよ・・など人から聞いたりご自分で調べたりして、何から手を付けたら良いのか分からなくなってしまった方も多いと思います。


“ご家族を亡くした後にやらなければならないことがあります”の詳細は »

遺産分割後に知らない借金が出来てきた場合

遺産分割後に分かった借金は放棄できるのか、引き継がないといけないのか

遺産分割が無事終って安心していた時に、亡くなった方が保証人になっていた会社が倒産し、債権者が取り立てに来た場合、相続の放棄はできるのでしょうか?


“遺産分割後に知らない借金が出来てきた場合”の詳細は »

以外に短期間しかないのが相続放棄の流れ

相続では家庭裁判所に放棄の申述する事がまず大事で、その後もやることはいくつかあるのです。

その1:家庭裁判所に放棄の申述する
その2:家庭裁判所は本人に相続放棄の意思が
あるかにつき審査します。
“以外に短期間しかないのが相続放棄の流れ”の詳細は »

初期費用は楽だけど後が面倒な相続の遺言の方式

相続の遺言書の保管者は、相続の開始を知った後、遅滞なく、これを家庭裁判所に提出するのだ。

★普通方式遺言・・・・・ 自筆証書遺言のもの。
代筆やワープロ打ちは不可です。
日付と氏名の自署が必要です。
押印してあることが条件です。(実印である必要はない)
遺言書の保管者は、相続の開始を知った後、遅滞なく、
これを家庭裁判所に提出して、その検認を請求しなければならない(民法1004条1項)とされています。
“初期費用は楽だけど後が面倒な相続の遺言の方式”の詳細は »

事情を考慮しないと相続で寄与分があるかどうかなんともいえない

寄与分って言うものを認めてもらえる基準を並べてみた。実際にはなかなか認められにくいようですね。

相続人の中に、被相続人(亡くなった人)の財産に貢献した人がいる場合・・・・これを無視して相続分を計算するのは不公平になってもめごとも起こりやすくなってしまいます。その人に与える分を寄与分と呼びます。
そこで寄与分を相続財産から除いて計算します。
“事情を考慮しないと相続で寄与分があるかどうかなんともいえない”の詳細は »

« 過去の記事