カテゴリー: 本では教えてくれない相続のこと

相続はいつから開始するのか

亡くなった方の財産を一定範囲の人が受け継ぐこと、これが相続です。 相続にはルールがあり、亡くなった方を被相続人と呼び、財産を受け継ぐ一定範囲の人を相続人と呼びます。 これらは民法に定めがあり、誰もがルールに従って相続します。

相続の始まる時期はいつでしょうか。相続について規定した民法の相続編では、
「相続は、死亡によって開始する」と定められています。
“相続はいつから開始するのか”の詳細は »

遺産分割をするには3通りの方法があります

任意の話合いでまとまった場合には、後々どのような内容かわからなくなったり、気が変わる人も出てくる可能性がありますから、遺産分割協議書を作成し、各自署名捺印をしておきましょう。

遺産分割には、3通りの方法があります。
任意の話合い、遺産分割調停、遺産分割審判です。
“遺産分割をするには3通りの方法があります”の詳細は »

ご家族を亡くした後にやらなければならないことがあります

預金の凍結解除や高額療養費請求にはいくつか準備をしていかないといけません

ご家族が亡くなって御葬儀も終わり色々忙しくしているとすっかり時間が経っていることに驚かれている方もいると思います。

まだまだ時間があると思っているところに相続税の申告期限があるよ・・など人から聞いたりご自分で調べたりして、何から手を付けたら良いのか分からなくなってしまった方も多いと思います。


“ご家族を亡くした後にやらなければならないことがあります”の詳細は »

遺産分割後に知らない借金が出来てきた場合

遺産分割後に分かった借金は放棄できるのか、引き継がないといけないのか

遺産分割が無事終って安心していた時に、亡くなった方が保証人になっていた会社が倒産し、債権者が取り立てに来た場合、相続の放棄はできるのでしょうか?


“遺産分割後に知らない借金が出来てきた場合”の詳細は »

以外に短期間しかないのが相続放棄の流れ

相続では家庭裁判所に放棄の申述する事がまず大事で、その後もやることはいくつかあるのです。

その1:家庭裁判所に放棄の申述する
その2:家庭裁判所は本人に相続放棄の意思が
あるかにつき審査します。
“以外に短期間しかないのが相続放棄の流れ”の詳細は »

事情を考慮しないと相続で寄与分があるかどうかなんともいえない

寄与分って言うものを認めてもらえる基準を並べてみた。実際にはなかなか認められにくいようですね。

相続人の中に、被相続人(亡くなった人)の財産に貢献した人がいる場合・・・・これを無視して相続分を計算するのは不公平になってもめごとも起こりやすくなってしまいます。その人に与える分を寄与分と呼びます。
そこで寄与分を相続財産から除いて計算します。
“事情を考慮しないと相続で寄与分があるかどうかなんともいえない”の詳細は »

相続の遺贈の不成立と失効の件です

相続の贈与者の死亡によって効力が発生するわけですが、それを生前に約束をしておくことの契約が結ばれることをいいます。

死因贈与(554条)

死因贈与とは、「私は死んだら、
あなたにこれをあげます」というのが、死因贈与です。
贈与者の死亡によって効力が発生するわけですが、
それを生前に約束をしておくことの契約が結ばれることをいいます。
“相続の遺贈の不成立と失効の件です”の詳細は »

ややこしいが相続人の範囲と遺留分は重要だ

相続では、子ども、直系尊属、兄弟姉妹がそれぞれ2人以上いるときは、原則として均等に分ける。

相続人の範囲
故人の配偶者は必ず相続人になるのです。夫が亡くなった場合には妻が、
妻が亡くなった場合には夫が相続人になります。
“ややこしいが相続人の範囲と遺留分は重要だ”の詳細は »

後回しにされがちなのは電話の加入権の相続です

複数の相続人が加入者の地位を持つ場合には相続人の中で話し合いをして、代表者を決める必要がありますよ

電話加入権の相続は日本電信電話株式会社(NTT)の承認を得なければ効力を生じません。
また電話加入権の譲渡に関しては書面をもって最寄りの電話局に行う必要があります。
“後回しにされがちなのは電話の加入権の相続です”の詳細は »

なかよくもめずにする遺産と相続とその分け方

子のために分割協議というものが存在し、相続人がお互いの意思に基づいて合意するという有効な方法ですよ

遺産の分割はどのような手続きや経過を得ればよいのでしょうか。
おのずから遺産の分割は全員が集まらなければいけないように思われがちですが、
分割協議書の案を作って承諾を得て作成することも可能です。
“なかよくもめずにする遺産と相続とその分け方”の詳細は »

« 過去の記事