相続の遺贈の不成立と失効の件です

死因贈与(554条)

死因贈与とは、「私は死んだら、
あなたにこれをあげます」というのが、死因贈与です。
贈与者の死亡によって効力が発生するわけですが、
それを生前に約束をしておくことの契約が結ばれることをいいます。

遺言によってもすることができますが、
遺言者の単独行為であることに対して、死因贈与は、
贈与の一種です。つまり、死因贈与では、
贈与者が「あげます」というだけでなく、
受遺者が「いただきます」という意思表示を
することが必要です。また、贈与者の死亡によって
効力を生じる点で、遺贈と類似していますが、
民法では、死因贈与は遺贈に関する規定に
従うとされています。

死因贈与は贈与者と受遺者との間で
契約の意思を明確にすることや第三者に対して
契約が成立していたことを証明することとすべく
契約書として書類を作成するようにすることです。
死因贈与契約は公正証書で作成しておくほうが
安全といえるでしょう。
死因贈与も遺言と同様に、執行者の指定ができます。

執行者の指定がない場合は、所有権移転登記手続きの際に、
贈与者のそうぞく人全員を相手に履行を求めることになります。

遺言者の死亡以前に受遺者が死亡したときは、
遺贈は効力を生じない(994条1項)。

停止条件付き遺贈の場合、受遺者が条件成就前に
死亡したとき遺贈は効力を生じないが、遺言者が
遺言で別段の意思表示をしたときはそれに従う(994条2項)。

遺贈が効力を生じなかったり放棄により効力を
失ったときは、受遺者が受けるべきであったものは
そうぞく人に帰属するが、遺言者が遺言で別段の
意思表示をしたときはそれに従う(995条)。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む