遺産分割後に知らない借金が出来てきた場合

遺産分割が無事終って安心していた時に、亡くなった方が保証人になっていた会社が倒産し、債権者が取り立てに来た場合、相続の放棄はできるのでしょうか?

相続放棄は自分か相続人であるということを知ったときから3ヶ月以内にしなければいけません。
でないと放棄はできません。

そして、相続財産の一部を処分したときは相続を承認したことになり、相続放棄や限定承認はできなくなります。
(限定放棄とはプラスの財産の範囲でマイナスの財産を相続するという制度で、マイナスが多い場合には相続しない上に、借金等のマイナスの財産を支払った後にプラスの財産が残れば相続することができる相続人にとってかなり都合のよい制度です)

この場合すでに遺産分割が終ってしまったのでこれからの放棄は残念ながらできません。

相続放棄や限定承認をしなかった理由が相続財産が全く相続財産の調査がとても難しい状況にあった場合には、例外的に相続開始を知ってから3ヶ月を過ぎても相続放棄を認める判例もありますが、あくまで特例です。

したがって人が亡くなった場合には借金がないか、保証人になってないかなど詳しく調査する必要があります。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む