相続はいつから開始するのか

相続の始まる時期はいつでしょうか。相続について規定した民法の相続編では、
「相続は、死亡によって開始する」と定められています。

つまり、相続の始まりは、被相続人の死亡した時なのです。そして、相続が
始まることを相続の開始と言います。

病気や交通事故などにより、その人が亡くなった場合の死亡は「自然死」と
なります。

また、実際の生死は不明ですが、法律上では死亡したもとのみなされる
場合もあります。
たとえば、蒸発して長年行方が分からず、生死も不明という場合には、
蒸発者の財産を処分できないままになってしまい、家族も困ってしまいます。
その場合、法律上では死亡とみなし、相続を開始させることにより、財産を
引き受けることができます。

この死亡したとみなすことを「失踪宣告」と呼びます。
「失踪宣告」は一定の関係者からの請求により家庭裁判所で失踪宣告が
下されることにより行われます。

ところで、被相続人と相続人のどちらが先に死亡したか分からない場合は
どうなるのでしょう。

被相続人と相続人が乗った飛行機が事故に遭い、どちらも死亡した場合には、
どちらが先に死亡したのか分からないこともあります。
この場合は、同時に死亡したと推定され、両者の間で相続は生じないことに
なります。

あくまで、推定ですから、相続人の方が少しでも長く生きていたと何らかの
証明があれば推定は覆され、両者間の相続が開始されます。

«
 

トラックバックURL