相続の遺贈の不成立と失効の件です

相続の贈与者の死亡によって効力が発生するわけですが、それを生前に約束をしておくことの契約が結ばれることをいいます。

死因贈与(554条)

死因贈与とは、「私は死んだら、
あなたにこれをあげます」というのが、死因贈与です。
贈与者の死亡によって効力が発生するわけですが、
それを生前に約束をしておくことの契約が結ばれることをいいます。
“相続の遺贈の不成立と失効の件です”の詳細は »

ややこしいが相続人の範囲と遺留分は重要だ

相続では、子ども、直系尊属、兄弟姉妹がそれぞれ2人以上いるときは、原則として均等に分ける。

相続人の範囲
故人の配偶者は必ず相続人になるのです。夫が亡くなった場合には妻が、
妻が亡くなった場合には夫が相続人になります。
“ややこしいが相続人の範囲と遺留分は重要だ”の詳細は »

後回しにされがちなのは電話の加入権の相続です

複数の相続人が加入者の地位を持つ場合には相続人の中で話し合いをして、代表者を決める必要がありますよ

電話加入権の相続は日本電信電話株式会社(NTT)の承認を得なければ効力を生じません。
また電話加入権の譲渡に関しては書面をもって最寄りの電話局に行う必要があります。
“後回しにされがちなのは電話の加入権の相続です”の詳細は »

なかよくもめずにする遺産と相続とその分け方

子のために分割協議というものが存在し、相続人がお互いの意思に基づいて合意するという有効な方法ですよ

遺産の分割はどのような手続きや経過を得ればよいのでしょうか。
おのずから遺産の分割は全員が集まらなければいけないように思われがちですが、
分割協議書の案を作って承諾を得て作成することも可能です。
“なかよくもめずにする遺産と相続とその分け方”の詳細は »

ローンや生保などのついた不動産の相続

住宅ローンを払っているときに返済途中で死亡した場合には、残債務の支払い義務が残りの家族に相続されることはなく、保険会社が債務を保険金で支払いますよ

フラット(旧住宅金融公庫)や銀行などのローンを利用した場合、団体信用生命保険という保証会社に入ることが

あります。住宅ローンには加入が必要となるわけですがこの団体信用生命保険の大きな役割は万が一、ローンで支払っている債務者がなくなった場合代わりにローンの負担が残った家族に行かないようにするための保険と考えてください。
“ローンや生保などのついた不動産の相続”の詳細は »

ぞくにいえば相続税とくらべて贈与税は高い

贈与税は、相続税に比べて高い税率になっていますよ。けれど一概にそうでもないこともあるのです。

贈与税とは、生きている人の財産をもらったときにかかる税金のことをさします。個人が個人から財産を贈与によってもらったときに課せられるもので、財産の種類制限などはありません。
“ぞくにいえば相続税とくらべて贈与税は高い”の詳細は »

やる時は注意要するのが相続の遺言の撤回だ

遺言者は、いつでも、相続の遺言の方式にしたがって、その遺言の全部又は一部を取り消すことができますよ

民法では遺言者は遺言の方式に従っていつでもその遺言の撤回や一部を取り消すことができると定めています。

(民法1022条)
第1022条 遺言者は、いつでも、遺言の方式に従って、
“やる時は注意要するのが相続の遺言の撤回だ”の詳細は »

最新の記事 »